大阪桐蔭、ライバル履正社を打力で圧倒「まず近畿Vを」

秋季高校野球大阪府大会決勝が14日、大阪市のシティ信金スタであり、大阪桐蔭が履正社とのライバル対決を9―2で制し、3年ぶり7度目の優勝を果たした。

甲子園で活躍した根尾が八回に3ランを放ち、投げては夏の甲子園の仙台育英戦で悔しさを味わった柿木が完投した。

広告

更新時間: 10/14(土) 20:32

情報提供: 朝日新聞デジタル

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年10月14日 all ニュース一覧