トヨタ販売戦略、地域ごとに転換 過疎地は店舗再編も

「キーワードは、脱全国(一律)と町いちばんの店づくり。市場の縮小や高齢化社会のなか、新しいチャレンジをしたい」。

国内販売を担う佐藤康彦専務役員は12日、全国の販売店経営者を名古屋市に集めた会議で、そんな趣旨の発言をしたという。

トヨタは各地の有力資本が地域や系列単位で営む販売会社にクルマを卸し、売ってもらっている。

国内シェアが3割超のトヨタは、対他社だけでなく自社の系列同士も競わせて販売を下支えしてきた。

広告

更新時間: 10/14(土) 22:43

情報提供: 朝日新聞デジタル

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年10月14日 business ニュース一覧