【MLB】田中将大VSカイケル、軍配はどちらに? 両投手に共通点、カギ握る「低め」

今季レギュラーシーズンで2000球以上投じた100投手以上のうち、田中とカイケルの低めに集める制球力が群を抜いていることを紹介した。

同データはスタットキャストによるものでストライクゾーンの下3分の1よりも低いゾーンに投げた回数がカイケルは全投球数の45.5%でメジャートップ。

記事ではこの低めに決まる2つの決め球のおかげで、田中の今季メジャーで3番目に高い空振り率(15.9%)を記録したこともレポートした。

広告

更新時間: 10/14(土) 7:11

情報提供: Full-Count

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年10月14日 all ニュース一覧