殺人未遂容疑で男送検、アパート管理の男性をナイフで刺す アパートの退去時期めぐり口論/越谷署

埼玉県の越谷署は14日までに、傷害の疑いで、越谷市北越谷2丁目、無職の男(70)を逮捕、容疑を殺人未遂に切り替えさいたま地検に送検した。

送検容疑は13日午前8時ごろ、自宅アパートで、アパートを管理する男性(49)と口論になり、果物ナイフ(刃渡り12センチ)で、男性を突き刺した疑い。

同署によると、2人はアパートの退去時期などについて口論になったという。

その後、「腹を刺してやろうと思った」と殺人未遂容疑を認めたという。

広告

更新時間: 10/14(土) 23:42

情報提供: 埼玉新聞

全文を読む

シェアする

オススメのローカルニュース

MORE : 2017年10月14日 local ニュース一覧