LNG発電船、インドネシアに初配備…政府検討

【ジャカルタ=一言剛之】日本とインドネシアの両政府は、海上で液化天然ガス(LNG)による火力発電を行う「LNG発電船」を、インドネシアの島々に整備する検討に入る。

島々で構成する国が多いアジア・太平洋地域での需要が見込め、新たなインフラ(社会基盤)輸出の柱として期待される。

インドネシアは、国内に1万3000以上の島があり、小さな島では、ディーゼル発電で電力を賄うケースが多く、燃料代の高さや温室効果ガスの排出が問題になっている。

広告

更新時間: 10/15(日) 11:16

情報提供: 読売新聞

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年10月14日 business ニュース一覧