<衆院選>馬淵澄夫氏落選 比例復活もならず

奈良1区では、旧民主党政権で国土交通相を務め、6選を目指した希望前職の馬淵澄夫氏(57)が、自民元職の小林茂樹氏(53)に議席を奪われた。

馬淵氏は奈良市の事務所で「全て私の不徳の致すところ。申し訳ない」と頭を下げた。

旧民主に逆風が吹いた2014年の前回選でも、「馬淵党」と称される個人中心の支援などで議席を守った。

広告

更新時間: 10/23(月) 1:09

情報提供: 毎日新聞

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年10月23日 all ニュース一覧