広島・石井コーチ 六回無死満塁無得点「勝負手を間違えた」

DeNAは併殺狙いで内野ゴロでも1点が入る状況だったが、3番手・三上を前に代打の岩本、小窪が連続空振り三振。

試合後、緒方監督は「六回の勝負どころは仕掛けたんだけど、得点につながらなかった」と悔しさをにじませた。

石井打撃コーチも「あそこですね。これは結果論になるんだけど」と前置きして「会沢を打席に立たせて併殺でもよかったかな。勝負手を間違えた。(代打を)出した僕の責任。出ていった選手に悔しい思いをさせてしまった。後半に入って、最低でも同点にしたかった。勝負にいった結果」と振り返った。

広告

更新時間: 10/23(月) 23:09

情報提供: デイリースポーツ

全文を読む

シェアする

オススメのスポーツニュース

MORE : 2017年10月23日 sports ニュース一覧