「鉄の天井あると知った」と小池知事 前駐日米大使のケネディ氏とパリで対談

【パリ=大泉晋之助】衆院選の投開票から一夜明けた23日、希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は、訪問中のパリでキャロライン・ケネディ前駐日米大使と対談し、「都知事に当選してガラスの天井を一つ破ったかな、もう一つ、都議選もパーフェクトな戦いをしてガラスの天井を破ったかなと思ったが、今回の総選挙で鉄の天井があると改めて知りました」と惨敗を振り返った。

ケネディ氏は聴衆に「先の選挙で野党第二党となった希望を率いている」と小池氏を紹介。

小池氏は、街頭演説中、政治家を希望する子供たちと交流したエピソードを紹介し「若い方が政治に主体性を持つことだと感じてくれて、それだけでもキャンペーン(国政の街頭演説)をしたことは正しかった」と述べた。

広告

更新時間: 10/23(月) 18:49

情報提供: 産経新聞

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年10月23日 all ニュース一覧