リーグ優勝目指す西武の戦力整備 助っ人4投手、松坂世代3選手らが退団

長年チームを支えてきた上本達之捕手や大崎雄太朗外野手、渡辺直人内野手、鬼崎裕司内野手、岩尾利弘投手など8選手を戦力外とする一方で、今季補強したばかりのブライアン・シュリッター投手、フランク・ガルセス投手、アレクシス・キャンデラリオ投手、スティーブン・ファイフ投手の外国人4投手を自由契約とした。

また、牧田和久投手がポスティングシステムを利用したメジャー挑戦を表明し、今季11勝を挙げた野上亮磨投手は国内FA権を行使。

その後も控え捕手としてチームを支え続け、今季も炭谷、岡田に続く3番手として中盤まで1軍に登録されていた。

広告

更新時間: 11/21(火) 14:07

情報提供: Full-Count

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年11月21日 all ニュース一覧