「失敗」を恐れない子どもになるには?[やる気を引き出すコーチング]

「コーチングをしていて、これは失敗だったという体験があれば、教えていただけないでしょうか」というものです。

駆け出しだった頃には、それなりに答えていたと思いますが、いつの頃からか、この質問を受けても、ピンとこなくなりました。

「失敗だと思っていることはないです。これは、決して、私がコーチとして完璧だという意味で言っているわけではありません。コーチングを通して、私の中で、『失敗』という概念がなくなってきたように思うのです」。

「うちの子、受験に失敗してしまったのですが、こんな時は、どう声をかけたらよいのでしょうか」

更新時間: 12/13(水) 17:02

情報提供: ベネッセ 教育情報サイト

全文を読む

シェアする

オススメのライフニュース

MORE : 2017年12月13日 life ニュース一覧