FA野上の人的補償は巨人・高木勇、西武へ移籍「優勝に少しでも貢献できるように」

巨人は18日、FA(フリーエージェント)権を行使して西武から移籍した野上亮磨投手(30)の人的補償として、高木勇人投手(28)を獲得するとの連絡を西武から受けたと発表した。

高木勇は球団を通じて「3年間でしたが、巨人軍関係者の皆様や温かい声援を送ってくださったファンの皆様との出会いが自分にとって大きな財産となりました」と感謝。

「『勝ちたい』という気持ちを強く持ち、西武ライオンズの優勝に少しでも貢献できるように頑張ることでお世話になった方々やファンの皆様に恩返しをしたいと思います」と意気込んだ。

鹿取義隆GMは「新天地でも活躍されることを期待しています。先発ローテーションに入り、チームに貢献してもらいたいです」とエールを送った。

西武・渡辺久信SDは今月13日、野上の人的補償について「金銭のみはない。選手を獲るよ。うちの戦力になれば野手も獲る。辻監督とは電話でやり取りしている」と話していた。

更新時間: 12/18(月) 11:29

情報提供: スポニチアネックス

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年12月18日 all ニュース一覧