路線バスが高齢女性ひき死亡 56歳のバス運転手男を逮捕

17日午後4時50分ごろ、千葉県市川市北方町の市道で、中型路線バスが歩いていた80代くらいの女性をひく事故があった。

市川署は同日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、バスを運転していた同市新田の運転手、中村孝司容疑者(56)を逮捕した。

同署によると、女性は何らかの原因で倒れたあと、バスの後輪にひかれたという。

同署は容疑を過失運転致死に切り替え、女性の身元や事故原因などを詳しく調べている。

更新時間: 12/18(月) 8:03

情報提供: 産経新聞

全文を読む

シェアする

オススメのジャパンニュース

MORE : 2017年12月18日 japan ニュース一覧