椎木里佳さんセクハラ被害明かす「クスリ盛られた」

「広告業界に限らずセクハラ・性的要求は世の中に蔓延してる」と切り出し、「断ったら仕事の話が白紙になったこと何回もあるし。その度に悲しい気持ちになるけど、クズとの仕事未然に防げてよかったと思う」とつづった。

さらに椎木さんは、身に危険がおよんだ実例として、「夜軽く食べながら打ち合わせしましょうと仕事関係だった男性に言われて、元々そういう噂があるような人だったからかなり警戒して向こうが持ってきた飲み物を一口ぺろっとしかしなかったのに、ガクンと脳に来て、これはクスリ盛られたなと確信して適当な理由つけて即帰ったことある。実話」と、生々しい実体験を告白。

それ以来、椎木さんは男性と2人で打ち合わせや会食する際には「(1)できることなら自分でお店を決める(2)飲み物は必ず自分でオーダーする(3)席を立った時は飲み物を変えるorもう飲まないこの3つを徹底してる」といい、「警戒しすぎとも言われるけど、実際そういう事があったし、後悔するよりよっぽど良いよ」と注意を呼びかけた。

一部ユーザーから、仕事とはいえ男性と2人で夜に会食することについて「警戒が足りない」と指摘を受けたが、椎木さんは「食事した=自分の事を好き、抱けるは間違った幻想。食事した=食事したっていう事実にしかならない。たったそれだけで相手を勘違いさせると言われたら女性はもう何もできなくなるよ」と反論した。

更新時間: 12/18(月) 9:34

情報提供: 日刊スポーツ

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年12月18日 all ニュース一覧