【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

毎年、超常現象を題材としたあの年末特番を見ないと年を越せない、という人も多いことかと思いますが、UFO研究はなにも日本のスペシャル番組だけのものではありません。

New York Timesは、ペンタゴンこと米国国防総省が、極秘に未確認飛行物体調査プログラムに予算を投入していたと報じました。

このプログラムは2007年、ハリー・リード上院議員の 妖精 要請によって予算が組まれ、その大部分となる年間2200万ドル(約25億円)がUFOの存在を確信しているというRobert Bigelow氏の宇宙開発企業に注ぎ込まれました。

このUFO調査プログラムは2012年に資金提供を中止したものの現在も継続しており、しかもその詳細は極秘とされています。

しかし、その研究調査では2004年に米海軍のFA18攻撃機2機が遭遇した楕円形の飛行物体追跡時の映像や、その他軍の航空機が撮影した多数の映像が対象とされ、既知の技術では説明できない推進方式による飛行物体の目撃や動作などに関する情報が収集されました。

更新時間: 12/18(月) 17:45

情報提供: Engadget 日本版

全文を読む

シェアする

オススメのサイエンスニュース

MORE : 2017年12月18日 science ニュース一覧