【相撲】「チキン」と呼ばれ激怒、朝青龍がサップぶん投げ圧勝

K-1グランプリを4度制したアーネスト・ホーストに2度KO勝ちし、2003年の大晦日には元横綱・曙とK-1ルールで対戦し、1R KO勝ちしている。

朝青龍については、「14年くらい前、総合ルールで戦おうと俺が挑戦したのに、ヤツは逃げたんだ。ヤツはチキンだ!」と切って捨て、調印式のスタジオでも朝青龍の等身大の写真ボードを本人の目の前で引きちぎってズタズタにして挑発した。

試合開始早々、右の前まわしを取った朝青龍は、サップの体勢を崩し、あっさりと左上手投げでサップをブン投げた。

更新時間: 1/1(月) 11:26

情報提供: イーファイト

全文を読む

シェアする

オススメのスポーツニュース

MORE : 2018年01月01日 sports ニュース一覧