【ボクシング】亀田興毅が現役復帰を電撃発表「やり残した試合がある」

1月1日(月)インターネットテレビ局Abema TVで生放送された『亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円』の番組終盤で、亀田興毅が現役復帰を電撃発表した。

この日は弟・大毅のセコンドに就いていた興毅だが、番組の最後に話を振られると「今日の大毅を見ていて自分も思うところがあって、自分がやり残した試合、やらないといけない試合がある。もう一度やる」と発言。

司会者の田村淳が「現役に復帰するということ?」と確認すると、興毅は「そうです。これ以上はお楽しみで」と話した。

興毅は元WBA世界ライトフライ級、元WBC世界フライ級、元WBA世界バンタム級王者で日本人初の3階級制覇王者。

2015年10月にアメリカ・シカゴでWBA世界スーパーフライ級王者(当時)の河野公平と対戦し、判定で敗れて現役を引退した。

更新時間: 1/1(月) 23:25

情報提供: イーファイト

全文を読む

シェアする

オススメのスポーツニュース

MORE : 2018年01月01日 sports ニュース一覧