「火力発電+EVは本当にエコ?」と疑問を呈すマツダが「夢のエンジン」開発

自動車大手のマツダが、世界的なエンジン車の生産・販売規制の流れに疑問を呈し、環境問題解決の“切り札”としてガソリンエンジンの性能アップを進めている。

しかし、使用する電気の供給を考慮に入れると、火力発電で石油や石炭、液化天然ガス(LNG)を燃やす際にCO2を大量に排出している現実がある。

平成29年10月、マツダの小飼雅道社長は東京モーターショーの記者向け説明会で環境問題について、「『WelltoWheel(井戸から車輪まで)』の考え方に基づき、本質的なCO2削減をはかる」と話した。

EVの環境性能については発電時のCO2排出を含めて考える必要がある一方、絶対数の多いガソリン車の環境性能向上が重要だとの立場だ。

更新時間: 1/1(月) 13:45

情報提供: 産経新聞

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2018年01月01日 business ニュース一覧