現在も通院中…暴行を受けた天井 あごが「痛くて口が開かない」ほどのけが

日本水泳連盟が行った昨年11~12月のスペイン合宿で、五輪メダル候補の小関也朱篤(やすひろ、25)から暴行を受けた天井翼(23)が“事件後”、口が開かないほどのケガを負っていたことが13日、分かった。

同連盟の平井伯昌競泳委員長によると、反省した天井はその場で平謝りしたが、小関は頭をつかみ拳で腹に1発、次に手の甲で顎に1発食らわせたという。

両者から事情を聴いた同氏は「殴られた間も本人はずっと謝っていた」と当時の様子を説明したが、一方で小関は「軽く振り払った」と話しているという。

暴行後に、かみ合わせが悪くなった天井はシュノーケリングを使用した練習で痛みを訴え、平井氏が約10日後に経過を聞いたところ、「殴られた次の日が一番痛くて、段々良くなったが、練習を頑張って歯を食いしばったせいか、また痛くなってきた」と訴えた。

更新時間: 1/13(土) 19:37

情報提供: スポニチアネックス

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2018年01月13日 all ニュース一覧