【MLB】復帰目指す53歳パルメイロ氏の「日本に行くかも」発言、NPB助っ人の間で物議

メジャー復帰を熱望した往年の名手ラファエル・パルメイロ氏が「日本に行くことになるかも」と発言したことについてNPBでプレーした経験を持つ選手たちから批判的な声が上がっている。

メジャー史上4人目となる3000安打&500本塁打を達成したパルメイロ氏は53歳になった今も現役復帰を目指していることを明かし、MLBの専門テレビ局「MLBネットワーク」で「まだ自分はできると思う」とコメント。

「昔に比べて速球派が増えた気がするけど、かつての自分も速球には自信があった。野球自体は変わらないはずだ」と話した後に、「オファーは…まだないね。日本に行くことになるかもね」と冗談交じりに語った。

クラークがツイッター上で「そんなに簡単だったらいいのにね」と皮肉交じりに綴ると、マシソンも「多くの選手が簡単に日本での契約が得られると思っていることが信じられない」とツイート。

更新時間: 1/13(土) 13:31

情報提供: Full-Count

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2018年01月13日 all ニュース一覧