18彦根東の京大志望エース増居 慶応打線を力で抑える日刊スポーツ-3/28(水) 12:42

彦根東(滋賀)の秀才エース、増居翔太投手(3年)が慶応打線を3点に抑え、昨夏に続き甲子園で白星を挙げた。

5回1死三塁ではこの日最速を更新した140キロの直球で押し連続三振でピンチを脱出した。

7回無死満塁から2点適時打を許したがその後を三振、二ゴロ併殺打で切り抜けた。

「真っすぐが良かったので、迷いはなかった。キャッチャーが変化球のサインを出しても首を振って真っすぐを投げたと思います。今日は特に左打者の対角(外角低め)に投げきることができて自信になりました」。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2018年03月28日 all ニュース一覧