17日大アメフット部 解体危機、悪質タックル問題 監督続投なら選手ボイコットもスポニチアネックス-5/17(木) 4:52

学生アメリカンフットボールの試合で日大の選手が悪質なタックルを見舞った一件で、関学大の抗議文書に対する日大の回答に内田正人監督(62)の辞任が盛り込まれていないことが16日、関係者の話で分かった。

また、世間の厳しい目に加え、日大の部員にも現体制に疑問を持っている者も少なくないもようで、名門チームは空中分解の危機に立たされている。

さらに別の関係者の話で、内田監督が“続投”した場合、部員が練習をボイコットする動きがあることも分かった。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2018年05月17日 all ニュース一覧