6悪質タックル問題 日大孤立進む…明大も日大との試合を中止 これで4試合目デイリースポーツ-5/17(木) 11:37

6日に行われたアメリカンフットボールの関学大と日大との定期戦(東京・アミノバイタルフィールド)で、関学大の先発出場したクォーターバック(QB)選手が相手守備選手から悪質なタックルを受け、負傷した問題が波紋を広げる中、関東学生アメリカンフットボール連盟は17日、27日に予定されていた日大-明大(アミノバイタルフィールド)の中止を発表した。

すでにこの問題を受けて、今月20日に日大との対戦を予定していた法大、6月9日に日大戦を予定していた東大と、同10日に予定していた立教大の3校が、「安全性が担保されていない」ことを理由に、連名で関東学生連盟に日大との試合中止を求め、中止が決定している。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2018年05月17日 all ニュース一覧