15米朝会談中止 中国、北朝鮮を利用し米国牽制へ産経新聞-5/26(土) 0:30

【丹東(中国)=藤本欣也】中国外務省の陸慷報道官は25日、米国が「中国の影響で北朝鮮が強硬になった」との見方を示していることについて、「中国は朝鮮半島の核問題で積極的かつ建設的な役割を果たしてきた。人に言えないような意図はない」と否定した。

韓国に配備された米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の撤収はもちろん、在韓米軍の削減・撤収も狙いだと指摘される。

こうした中、金正恩朝鮮労働党委員長が南北首脳会談などで、米韓合同軍事演習や在韓米軍を問題視しなかったことに、中国が不満を抱いたとの見方がある。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのワールドニュース

MORE : 2018年05月26日 world ニュース一覧