5女児着衣から男のDNA型、殺人容疑で再逮捕へ読売新聞-6/2(土) 7:24

新潟市西区の市立小針小2年大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、遺体が自宅近くの線路に遺棄された事件で、珠生さんの衣服から、死体遺棄・損壊容疑で逮捕された同市西区小針上山、小林遼(はるか)容疑者(23)のDNA型と一致する試料が検出されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

新潟県警は勾留期限の4日にも、殺人容疑で再逮捕する方針だ。

捜査関係者によると、珠生さんの着衣から検出され、小林容疑者のDNA型と一致した試料は、小林容疑者の皮膚片とみられている。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのジャパンニュース

MORE : 2018年06月01日 japan ニュース一覧