5日大の内田常務理事が辞任、反則タックル問題で日刊スポーツ-6/1(金) 14:27

日大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題を受け日大は1日、理事会を開き、内田正人元監督(62)の常務理事辞任を承認した。

内田氏は井上奨コーチとともに会見を開いた先月23日までに、田中英寿理事長に辞表を提出していた。

先月6日、関学大との定期戦で、日大の宮川泰介選手が、関学大QBにけがを負わせる悪質タックルという反則を行い、被害者側が被害届を提出するなど、大きな問題に発展していた。

同23日の会見で内田氏は、反則は指示していないとし、さらに社会の反感を買っていた。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2018年06月01日 all ニュース一覧