15責任は誰に? かぼちゃの馬車、レオパレス21問題の本質とは投信1-6/3(日) 20:45

サブリース(一括家賃保証システム)の隠れたリスクについては、私が15年前に拙著『金持ち大家さんになるアパート・マンション経営塾』(日本実業出版社)に書いて警鐘を鳴らしました。

もちろん、本に書く何年も前からセミナーなどでも訴え続けていましたので、投資家が知ろうとすれば知ることができ、避けることができたリスクだといえます。

リーマンショック以降、「一括家賃保証30年」という謳い文句で新築アパートなどの不動産投資が日本全国に広がり、マイナス金利で積極的な銀行の融資姿勢もあり、サラリーマン大家さんにもその投資スキームが広がりました。

先日、テレビ東京の「ガイアの夜明け」でも特集された女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の破綻問題や、日本で初めて家賃一括借り上げシステムを導入した「レオパレス21」のサブリース賃料減額トラブルのように、いま日本各地でこのようなリスクが次々と顕在化し大問題になっているのです。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2018年06月03日 all ニュース一覧