1ガンダム接待は実在?「おっさんのラブ」が生き延びさせたガンダムバー 赤く燃えるマスター、涙のめぐりあいqBiz 西日本新聞経済電子版-6/8(金) 10:40

「サイド6と名付けたのは、ケンカさせんようにですね(笑)。スペースノイドとアースノイドの命懸けた争いに比べたら、酔っぱらった自分の感情だけで争うなんてしょうもない」

関西弁の交じるマスターの中原康文さん(49)の説明は、久留米のバーでも聞いたような理由だった。

かつて北九州市内でダーツバーを2軒経営していたころ、ガンダムバーへの憧れを募らせ、2010年4月にオープンさせた。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2018年06月08日 business ニュース一覧