12通勤手当が多いと将来受け取る年金の給付額が増える?通勤交通費と社会保険の不思議な関係とはファイナンシャルフィールド-6/8(金) 8:30

例えば、毎年4月に半年分の交通費がまとめて支給されているような場合にも、一律して4月から6月までの支給額を基に計算されてしまうのは不公平です。

通勤手当が数カ月分まとめて支給されている場合においては、そのまま計算されるのでなく、月割りで計算されます。

例えば、4月に半年分の交通費が6万円支給されている場合には、毎月1万円分の通勤手当の支給があったものとして計算されます。

しかし、将来受け取ることのできる年金や、病気やケガの際に受け取ることのできる傷病手当金などの金額は、標準報酬月額や収めてきた金額に比例します。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2018年06月08日 business ニュース一覧