20聖光学院、会心の『逆転劇』 春季高校野球東北大会福島民友新聞-6/9(土) 11:32

第65回春季東北地区高校野球大会第2日は8日、青森県総合運動公園球場と青森市営球場で2回戦6試合が行われ、本県第1代表聖光学院と第2代表福島商がそれぞれベスト8進出を決めた。

聖光学院は青森県総合運動公園球場で弘前工(青森第3代表)に6―4で逆転勝ち、福島商は山形中央(山形第2代表)を8―4で下した。

聖光学院は青森市営球場の第1試合(午前10時試合開始予定)で羽黒(山形第1代表)と対戦する。

福島商は青森県総合運動公園球場の第1試合(午前10時開始予定)で八戸学院光星(青森第1代表)と対戦する。

最終回に同点に追い付くと、延長ではこの日4安打と爆発した大松将吾(3年)が逆転の一打。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのローカルニュース

MORE : 2018年06月09日 local ニュース一覧