8「氷水に氷が浮くのは異常」 実はヤバすぎる液体「水」の不思議な性質とはねとらぼ-6/21(木) 11:00

ですが、時に「異常な性質を持っている」といわれるほど、不思議な物質なんだとか。

ほとんどの物質では液体よりも固体の方が密度が高まり、同体積あたりの重量も大きくなるため、例えば、融けた鉄に、鉄球を入れると沈んでしまいます。

しかし、水は約4℃のときに最大密度になり、さらに温度が下がると密度が低下。

それで氷(固体)が浮くという、通常とは反対のことが起こるというわけです。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのライフニュース

MORE : 2018年06月21日 life ニュース一覧