13李登輝氏、慰霊祭に出席=中国の覇権主義批判―沖縄時事通信-6/24(日) 20:31

沖縄県を訪問している台湾の李登輝元総統は24日、糸満市摩文仁の平和祈念公園にある台湾人戦没者の碑「台湾之塔」で開かれた慰霊祭に出席し、「平和、自由、民主主義が後世まで継続することを願ってやまない」とあいさつした。

慰霊祭では、李氏が揮毫(きごう)した石碑の除幕式も行われた。

李氏は中国について「世界の強国となりたければ、覇権主義の発露ではなく、普遍的な価値観を有する文明の実現によってなされるべきだ」と指摘。

台湾は民主主義と自由を深化させ、中国と向き合う必要があると強調した。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのワールドニュース

MORE : 2018年06月24日 world ニュース一覧