9クルマのカラートレンドどう決まる 今年の傾向は世界共通、日本では「グレーがくる」乗りものニュース-6/24(日) 7:20

BASFの自動車カラートレンド予測は、今後3年から5年のあいだに自動車の色選択に影響を及ぼすグローバルトレンド、およびEMEA(欧州・中東・アフリカ)、アジア太平洋、北米におけるトレンドを、各地域のデザイナーが連携して打ち出し毎年発表しているものです。

デジタル技術の発達により、バーチャルな体験や新しいコミュニケーションの方法などが当たり前のものとなるなか、デジタルと現実との融合が進み意識が変わっていく時代背景を表現しているといいます。

これまでは各地域別にキートレンドカラーが発表されていましたが、今年は世界中のデザイナーが「傾向がかなり似ている」と判断したことから、世界共通のキートレンドカラーとして「グレー」と「ブルー」が提示されました。

BASFジャパン カラーデザインセンター アジア・パシフィックチーフデザイナーの松原千春さんは、グレー、ブルーとも不変性のあるカラーとしつつ、グレーはそれを「『最新のグレー』、最先端のカラーとして表現していくのが現在のトレンドです。色そのものの存在感はブルーより小さいかもしれませんが、質感などの品質をエンドユーザーも求めている傾向があり、単なる灰色ではなく様々な表現ができる色として注目されています」と話します。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2018年06月24日 business ニュース一覧