15世界最大の中国・車載電池メーカー日本進出で、パナソニックとガチンコニュースイッチ-6/24(日) 13:05

CATLは電池需要の拡大に合わせ新工場を本格稼働させ、20年には年間生産能力を現状の2倍の50ギガワット時(ギガは10億)まで引き上げる。

テクノ・システム・リサーチ(東京都千代田区)の藤田光貴アシスタントディレクターは、「中国の新エネルギー車(NEV)規制に合わせて電動車を投入するには、中国政府の支援を受けるCATL製を使った方がリスクが少ない。性能、品質も合格点には達している」と分析する。

CATLはこれから欧州や日系メーカーとの取引を広げて、中国市場で走る車だけでなく、世界中で販売される戦略車への電池の採用を狙う。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2018年06月24日 business ニュース一覧