1515年で4回水害、住民消沈 京都・舞鶴、国のポンプ車入れず京都新聞-7/12(木) 11:40

豪雨時、内水対策で投入された国土交通省の排水ポンプ車が現地入りできなかったトラブルもあり、住民らは繰り返される水害に怒りと諦めの表情を浮かべた。

一睡もせずに店を見守ったメモには、浸水開始の7日午前2時40分からの水位が10分~1時間おきに刻まれていた。

昨年の台風21号の被害を教訓に市は5日に排水ポンプ車の出動を福知山河川国道事務所に要請した。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのローカルニュース

MORE : 2018年07月12日 local ニュース一覧