6KDDIの「INFOBAR」今秋復活 原点回帰で“あえてのガラホ”ITmedia ビジネスオンライン-7/12(木) 14:10

2011~15年の製品とは異なり、スマートフォンではなくあえてガラホ(Androidベースのフィーチャーフォン)とし、キーによる操作感を再現した点が特徴だ。

KDDIは17年、INFOBARシリーズなどを生み出してきた携帯電話の開発プロジェクト「au Design project」の作品を集めた展覧会「ケータイの形態学 展」を東京都内で開催。

プロジェクトデザイナーの深澤氏は「今はスマホを持つ人がほとんどだが、本当に持ち運びやすい形状は“バー”だ。あえてスマホではなくガラホとしたが、ユーザーは操作を指で覚えているだろう」と話す。

「はやりの色を取り入れ、従来通りキーにも色を付けたデザインに仕上げた。INFOBARを知らなかった若い層にも(需要に)火を付けたい」(深澤氏)と意気込む。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2018年07月12日 all ニュース一覧