16気象条件への適応不足も一因に? 前回優勝国ドイツの敗退を振り返るウェザーニュース-7/12(木) 18:58

FIFAの公式サイトは、テストマッチが散々な結果だったにも関わらず、根拠に乏しい楽観論が存在していたことや、主力選手のコンディション不良、前回大会優勝メンバーへの固執、相手チームの分析不足、決定力不足という5つの理由を挙げています。

ブラジル大会で猛威を振るったドイツのパス・サッカーですが、今大会では不用意な中盤でのボール・ロストや、決定機を外し続けたことで、相手チームのカウンターの恰好の餌食になってしまいました。

まさかの敗戦となった初戦のメキシコ戦はもちろん、湿度が80%に達したスウェーデン戦でも土壇場のゴールで勝利しましたが、引いて守る相手を最後まで崩せず、前がかりになっていた守備陣の裏を次々と狙われ、全員が繰り返し自陣に戻ることで、スタミナをどんどん消耗していきました。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2018年07月12日 all ニュース一覧