4歯石を取ったあとに起こる変化!ベスト5All About-7/12(木) 20:45

ぐらついて抜歯になる結果となっても、これは歯石を取る前に抜歯になるほどの歯周病が進行していたためで、歯石除去が原因で歯周病が悪化したということではありません。

その後、必要に応じて抜歯、ぐらつく歯と歯を樹脂で固定、金属で複数の歯を同時にかぶせて固定する治療が行われます。

このため本来は象牙質が露出しているにも関わらず、歯石がまるで象牙質の表面を保護しているような状態になっていることがあります。

歯石除去で表面の歯石が取り除かれると、象牙質が露出した状態になり、一時的にしみるようになることがあります。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのライフニュース

MORE : 2018年07月12日 life ニュース一覧