4クロアチアが初の決勝進出! イングランドに逆転勝利…120分間の死闘を制すSOCCER KING-7/12(木) 5:37 - 全文

2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝が11日に行われ、イングランド代表とクロアチア代表が対戦した。

イングランドは準々決勝スウェーデン戦と同じ11名。

10番を背負うラヒーム・スターリング、ここまで6得点のハリー・ケインが2トップを形成する。

対するクロアチアは準々決勝ロシア戦からスタメンを1名変更。

マルセロ・ブロゾヴィッチが中盤に入り、10番のルカ・モドリッチがトップ下を務める。

試合は開始早々の5分にスコアが動く。

ゴール前でデレ・アリが倒されてFKのチャンスを獲得すると、キーラン・トリッピアーが直接決めてイングランドが幸先良く先制した。

前半はイングランドの1点リードで折り返す。

後半に入り68分、右サイドを駆け上がったシメ・ヴルサリコのクロスをイヴァン・ペリシッチが合わせて、クロアチアが同点に追いつく。

試合は1-1で90分が終了。

延長戦に突入する。

すると109分、ペリシッチのパスに反応したマリオ・マンジュキッチが左足でシュートを突き刺し、クロアチアが勝ち越しに成功する。

試合は1-2で終了。

クロアチアは史上初の決勝進出を果たした。

一方のイングランドは1966年母国開催のW杯以来52年ぶりのファイナルとはならなかった。

フランス対クロアチアの決勝は15日(日)24時から、ベルギー対イングランドの3位決定戦は14日(土)23時から行われる。

【スコア】

イングランド代表1-2クロアチア代表

【得点者】

1-05分キーラン・トリッピアー(イングランド)

1-168分イヴァン・ペリシッチ(クロアチア)

1-2109分マリオ・マンジュキッチ(クロアチア)

更新時間:

情報提供:

キーワード:
クロアチア | イングランド | | 決勝 | | 2018 | 168 | 52 | 1966

転載: ヤフー ニュース

共有する

あなたにオススメのニュース