9『美女サポ』放送にFIFAが警告、人種差別より“性差別”の表面化を指摘ゲキサカ-7/12(木) 6:44

FIFAで多様性に関する部門を統括するフェデリコ・アディエッキ氏によると、これまで欧州サッカー界で問題視され続けていた人種差別は今大会で「想定していたほどは見られなかった」と指摘。

代表的な問題は、ロシアW杯を取材するアナウンサーが放送中に声をかけられたり、女性ファンが性的な言動を強いられたりしたというもの。

加えて人権団体の調査では「ストリートで見られた性差別」に関する抗議のうち、メディアでの女性の扱い方についてのものが約10%を占めていたという。

すでにFIFAは2014年のブラジル大会から対策に乗り出しているが、あらためて各国のテレビ局に同様の表現を減らすように要請。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2018年07月12日 all ニュース一覧