7<W杯>アジア選手のベスト11に日本から6人、韓国は2人中央日報日本語版-7/13(金) 11:00

2018ロシアワールドカップ(W杯)に出場したアジア5カ国のベストイレブンに韓国の孫興民(ソン・フンミン)と趙賢祐(チョ・ヒョンウ)が選ばれた。

米国の「FOXスポーツアジア」は13日(日本時間)、ロシアW杯に出場したアジア5カ国(韓国、日本、イラン、豪州、サウジアラビア)のベストイレブンを発表した。

右SB酒井宏樹、左SB長友佑都、中央MF柴崎岳、左MFの乾貴士、攻撃型MF香川真司、FW大迫勇也だ。

イランからは韓国と同じく2人、豪州からは1人が含まれたが、サウジアラビアの選手は選ばれなかった。

FOXスポーツアジアは孫興民について「必要な時に輝く」とコメントし、趙賢祐については「今大会の最高のGKの一人」と評価した。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのワールドニュース

MORE : 2018年07月13日 world ニュース一覧