20埋め立て焼却灰、千トン撤去へ 滋賀、土壌汚染基準超す京都新聞-7/13(金) 11:40

滋賀県は13日、県の下水処理施設である湖南中部浄化センター(草津市)の汚泥の焼却灰から、廃棄物処理法の基準値を超えるセレンを検出したと発表した。

焼却灰は甲賀市の最終処分場に埋め立てており、超過した恐れのある4~7月分の灰約千トンを全量撤去する。

6月に灰を定期分析し、1リットル当たりの基準値(0・3ミリグラム)を超える0・36ミリグラムを検出した。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのサイエンスニュース

MORE : 2018年07月13日 science ニュース一覧