18折れた標識支え…事故防止に尽くした米17歳少年に絶賛の声日刊ゲンダイDIGITAL-7/13(金) 9:26

今月6日、米オクラホマシティーに住むランディー・ジョーンズさんが車に乗っていた時、サウスウエスト29番ストリートとサラロードの交差点で不思議な光景を見かけた。

ジョーンズさんがこの日、フェイスブックに投稿した記事によると、彼が車を停めて少年に事情を聞いたところ……。

「止まれ」の標識が倒れていることが原因だと気が付き、事故を未然に防ぐために標識を支えることにしたのだという。

「彼は気温35度の酷暑の中で、水も飲まずに、何の見返りもなく、標識を支えていた」とジョーンズさん。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのライフニュース

MORE : 2018年07月13日 life ニュース一覧