150―122、大敗した球児は今 相手チームへの思い語る朝日新聞デジタル-7/13(金) 9:51

そして、松岡が「相手に謝りたい」と振り返る長い試合が始まった。

東奥義塾は初回、打者42人が27安打を放ち39点を挙げた。

「点差が開いても、相手選手は笑ったりふざけたりすることなく、長打狙いで大振りすると怒られていた。こっちも本気でやろうと思った」と松岡。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのスポーツニュース

MORE : 2018年07月13日 sports ニュース一覧