15急に立ち上がったらバッタリ…夏の低血圧はこんなに怖い日刊ゲンダイDIGITAL-7/13(金) 9:26

たとえば、慢性的な低血圧をうつ病と間違えて抗うつ剤を処方されると、薬の副作用で血圧が下がり、症状が悪化。

すると血液中に含まれる老廃物が血管を取り囲む神経を刺激し、発痛物質を生成。

さらには、生活習慣病のある人は脳梗塞や心筋梗塞、心不全になりやすいという。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのライフニュース

MORE : 2018年07月13日 life ニュース一覧