11新人王争い 6勝左腕がリード産経新聞-7/13(金) 7:55

身長170センチと小柄な左腕は、キレのいい直球を軸に先発でチームトップの6勝(4敗)を挙げ、ラミレス監督も「2桁勝利は間違いない」と太鼓判を押す。

現在は抑えを務める中日のドラフト1位、鈴木博(ヤマハ)は39試合に救援登板し、15ホールド、3セーブ。

巨人3位指名の捕手、大城(NTT西日本)は前半戦18試合で先発マスクをかぶり、小林を脅かす存在に浮上。

ここまで6勝(3敗)をマークし、新人王争いで一歩リードしているのがオリックスにドラフト1位で入団した田嶋(JR東日本)だ。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのスポーツニュース

MORE : 2018年07月13日 sports ニュース一覧