20西日本豪雨 代替輸送のフェリーに脚光 運送会社がシフト産経新聞-7/13(金) 8:30

陸路の輸送正常化には1カ月以上かかると見込まれており、運送会社にとって代替輸送手段の確保が急務だ。

ただ、近年はフェリー輸送の需要が高まっていたこともあり、満車で乗船できないケースも出ている。

大阪と北九州を結ぶ名門大洋フェリー(大阪市西区)には、コンテナを積んだトラックを船で運ぼうとする運送会社から問い合わせが増加。

神戸や大阪と北九州を結ぶ阪九フェリー(北九州市)も、先週末はトラックの利用が通常より2割ほど増えた。

近年の配送量増加に加え、人手不足や働き方改革を背景に、運転手が休息できるフェリーの利用が増えているからだ。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのジャパンニュース

MORE : 2018年07月13日 japan ニュース一覧