7豪雨、暮らしに影響 商品入荷に遅れも…「15キロ進むのに5時間」運転手ため息西日本新聞-7/13(金) 9:30

しばらく高値が続く見通しで、同市のJA長崎せいひの担当者は「スイカや秋が旬のカボチャも、台風や豪雨に加え、その後の急な暑さで病気にかかり、出荷量が半減する」と予想する。

広島県を中心に主要道路の通行止めも多く、九州-関西間を主に配送しているトラック運転手の30代男性は「15キロ進むのに5時間かかった場所もあり、頭がおかしくなりそうだった」とため息をつく。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2018年07月13日 business ニュース一覧