4コーナーポール(へたくそ棒)激減、最近の新車は車両感覚はつかみやすくなった?くるまのニュース-7/13(金) 10:30

このようなコーナーポールは純正アクセサリーとして装着、あるいは社外品を後付けすることも可能ですが、いずれにおいても数を減らしているようです。

カー用品店「オートバックス」を運営するオートバックスセブン(東京都江東区)によると、その需要のピークは2000年代だったといいます。

ホンダ車の純正アクセサリーを販売するホンダアクセスも、2017年時点で、たとえば「フィット」における直近の装着率は3%程度だと話していました。

そもそも、コーナーポールは運転席から見えづらい左前端(右ハンドル車の場合)の位置を視覚的に示すことで、車幅などの運転感覚を補助する役割があります。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2018年07月13日 business ニュース一覧