12西日本豪雨 岡山県内死者59人に 災害ごみや交通渋滞など問題山積山陽新聞デジタル-7/13(金) 0:09

西日本豪雨による甚大な被害が出ている岡山県内で12日午後8時までに、新たに男性1人(年齢確認中)と性別不明の1人の遺体が見つかり、県内の死者は計59人となった。

面積の3割が水没した倉敷市真備町地区では同日夜、停電が解消されるなど徐々に復旧へと向かい始めたが、膨大な量の災害ごみや交通渋滞など問題は山積している。

県災害対策本部によると、遺体で見つかった男性は真備町地区で、もう1人は総社市内で発見された。

同本部は12日、遺族の同意が得られた死者について、氏名や年齢などの情報を13日から公表する方針を明らかにした。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのローカルニュース

MORE : 2018年07月13日 local ニュース一覧