16鶴竜が休場、3横綱全員が不在に…名古屋場所読売新聞-7/13(金) 9:20

前日まで平幕に連敗し、3勝2敗と精彩を欠いていた横綱は、「右肘関節炎で2週間の安静を要する見込み」との診断書を提出した。

今場所は初日から稀勢の里関、4日目から白鵬関が休場しており、3横綱全員が休場となる異例の事態となった。

師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)によると、右肘は場所前から痛めていた箇所で、前日夜、鶴竜関から「力が入らない」と訴えてきたという。

横綱が3人いて全員が休むのは、1999年春場所で曙、3代目若乃花、貴乃花が休場して以来、19年ぶりとなった。

更新時間:

情報提供:

全文を読む

シェアする

オススメのスポーツニュース

MORE : 2018年07月13日 sports ニュース一覧